医療用ウィッグの基礎知識&上手に選ぶために知っておきたいこと

抗がん剤治療などで脱毛に悩む方へ。医療用ウィッグを選ぶ際に知っておきたい基礎知識について解説しています。
MENU

医療用ウィッグの基礎知識&上手に選ぶために知っておきたいこと

医療用ウィッグと普通のウィッグ、どう違う?

そもそも医療用と普通のウィッグでのキッチリした違いはないと断言します。簡単に言えば流通しているファッショナブルな普通のウィッグでも問題ないのです。しかしながら、がん患者さんが医療用ウィッグを購入しているというのには動機が存在します。

 

医療用ウィッグの特質とされているのは、長い期間の治療期間の途中にスムーズにストレスなく着用し続けられるほど精密に精巧にできているというのがポイントです。 医療用ウィッグはスペックが精密なため、着用していてもナチュラルな外見で周囲の人からの目線がほとんど気がかりじゃありません。

 

また、サイズ設定が可能であることだって普通の既製品などのウィッグやかつらとの違いです。抗がん剤を使用した医療をはじめるとたくさんのシーンでは抜け毛が増えて、治療が完了した後6ヵ月くらいで生えてくるのがポピュラーというわけです。この途中で頭の寸法は1センチ~2センチ程度も変わってしまいます。サイズ設定が不可能だったら、余地が生じておかしくみえがちになってしまいます。

 

医療用ウィッグであったら、それぞれの人のサイズに合わせて調整することができるので治療中のどのタイミングでも頭にフィットさせて自然に見せることができるとういわけです。また、つけた感触にも創意工夫がなされています。 直に地肌に接触しているメッシュのパーツが通気性のいい素材で、高熱や汗などの水分をため込まないようなつくりになっているのです。

肌への優しさ、刺激のなさも◎

またお肌にやさしく炎症をもたらさないセーフティーな素材が採用されています。植えられている毛が一個一個丁寧につけられているので、頭皮を刺激せずにチクチク感などを起こさない付け心地の良さも魅力の一つです。恒久的に装着するために軽量化もされているので、普通のウィッグやかつらのように重さで頭や首が疲れることも軽減されています。

 

医療用ウィッグはいつ購入すべき?ベストなタイミングはいつ?

癌治療の途中で抗がん剤を使用することが取り決めされ、抜け毛の気配があることが分かったタイミングで早めに医療用ウィッグのセッティングをした方が良いでしょう。

 

抗癌剤治療が済めばもう一度髪が伸びてくると認識していたところで、メンタルなストレスやショックで医療用ウィッグに及ぶまで考えが及ばないことも考えられます。

 

そうは言っても、髪が抜けて無くなるより前に態勢を整えておくようにすればメンタル的にも負担が軽くなります。 安心感がある程度担保されているからこそ治療にも頑張って前向きに精進するということが可能で、いつも通りのライフスタイルを過ごすバックアップの形で後押ししてくれるでしょう。

 

医療用ウィッグ選びで大事になってくるのは、抜け落ちてしまう前に決めておかなくてはならないヘアスタイル選びです。

 

今までと同じか、もしくはそれに近いヘアスタイルと同じものにするのか、気分を一新してまったく違う感じのスタイルに挑戦するのか、など自分の気持ちや好みを加味しながら選ぶと良いでしょう。 抜け毛が起こり始めてからではいつものイメージがわからなくなって、変な不安やバイアスがかかりがちで決めにくくなってしまう可能性もあります。

 

治療の途中で心の状態も髪の状態も変化するので、そのたびに医療用ウィッグの手入れも大事になってきます。抗癌剤治療をスタートさせたころはとくに、抜け毛がまばらなのでもともとの自分の髪と医療用ウィッグがうまくかみ合わずからみがちです。ちょっとくらいカットして手入れしやすくしておくのもオススメです。

 

抜け毛が進行するにつれて、髪の毛の量が減少しその代わり頭全体の大きさがコンパクトになるので先読みした調整が肝心だと言えます。買い入れた店頭やショップでサイズ調整をするのが望ましいです。 抗癌剤治療が終わった後にだんだん自分の髪が毛が伸びて来るでしょう。

 

以前の通りに生え揃うまでには人それぞれで期間が違いますが、目安としては半年~一念くらいは見ておいた方がいいでしょう。それまでの期間は部分ウィッグなんかも適応させていくとナチュラルに補填できます。

 

 

医療用ウィッグの材質3タイプ

普通のかつらやウィッグよりは何かと優れていることはわかっても、経済的にちょっと…とブレーキがかかってしまう人もいるかもしれませんね。 実際、医療用うぃっぶは種類や素材によってさまざまな価格帯があり値段の幅も大きいです。

 

まず 材質ですが、大きく分けて次の3つがあります。

  • 人毛…一番高価なのがこの人毛タイプ。人の髪の毛を使って作られているのでナチュラル感もすごくて、カットやパーマ、ヘアアイロンやドライヤーでのアレンジも自由に可能です。毎回ウィッグを洗うとリセットされるので手間はかかりますが、自分の毛とほとんど変わらずナチュラルなウィッグとして使えます。
  • 人工毛…人工毛は比較的値段も安く設定されており、スタイルもキープされやすいというメリットがあります。逆にデメリットはというと耐久性が悪く、人毛の医療用ウィッグに比べるとやはりナチュラル感は欠けるというのがあります。
  • ミックス…これはちょうど人毛と人工毛の中間くらいの価格で手入れることができて、特徴も二つを合わせて2で割ったようなものです。それぞれのメリットを生かせる部分もあるのですが、どっちつかずで中途半端という印象も少しありますね。

 

医療用ウィッグの販売体系3タイプ

次にタイプですが、こちらも同じく大きく3つに分かれます。

  • 既製品タイプ…既製品は一番価格もお手頃で買い求めやすいのですが、やはり自分の頭にぴったりのサイズのものを見つけるのが難しいというデメリットもあり、長さや毛量の調節をしたりするのも難しいです。
  • セミオーダータイプ…セミオーダータイプは、大方の枠は出来上がっているいくつかの種類のウィッグの中から自分に合ったものを選んだ上で、そこから自分の好みに合わせて好きなようにカットしてもらったり微調整してもらえるものです。既製品よりはやはりナチュラル感やフィット感は優れています。
  • オーダーメイドタイプ…フルオーダーは価格としては最も高価になりますが、自分の頭のサイズや形、毛質や毛量、色合いなどすべて自分に合わせて一からオーダーできる点は魅力的といえます。 ただし仕上がりまでに時間がかかることと、初期費用が高額なことは覚悟しておく必要があるでしょう。

 

 

医療用ウィッグは長く使うものだからこそ購入時は慎重に

ファッションでつけるウィッグとは違い、医療用ウィッグを装着する期間は長いのが普通です。なので、普通のウィッグとは違って長期間の自分の頭皮や髪の毛の変化(抜け毛や発毛)などにも対応させていくことが大切です。

 

だからこそ、好みや価格だけで選ぶのではなく、付け心地やメンテナンスの手間なども考慮したうえで慎重に選んでいくことがポイントになります。

 

まずは、 販売店や専門店など試着できるものを選びましょう。店舗に足を運べない場合は、最近ではネット通販でも事前にいくつか配達してもらって試着してから購入できるシステムを採用している通販ショップもみかけます。

 

そして試着する際は自分だけで鏡を見ながら判断するのではなく、できれば普段の自分を良く知っている家族や友達などに意見をもらうといいでしょう。自分ではなかなか客観視できませんが、人に見てもらうことでナチュラルに見えるかどうか?似合っているかどうか?など総合的に判断できるようになります。

 

また、蒸れそうか?チクチクしないか?頭が圧迫されすぎていないかなど、自分でも納得いくまで細かくチェックすることも大切です。

 

 

気になる医療用ウィッグの価格ってどれくらい?

気に入った医療用ウィッグを見つけたとしても、やはり最終的な判断基準の一つとなるのは価格でしょう。いくら気に入ったとしても、超高級なものを即決で買える人は少ないと思います。

 

とくに普通のウィッグとは違って医療用ウィッグは機能性も高くアフターフォローなども充実していることが多いので、どうしても価格が高くなりがちです。

 

具体的な値段を挙げると、1万円くらいの格安なものもありますが、抗がん剤治療中の敏感な頭皮に直接つけるものなので長期的に考えるとあまりオススメできるものではありません。

 

だいたいの目安ですが、 既製品は1万~10万円くらい、セミオーダータイプでは5万~30万円くらい、フルオーダーメイドとなると100万円近くするものもあります。

 

もちろん自毛や人工毛などの種類によっても価格は違ってきます。機能性と見た目、値段との兼ね合いで一番しっくりする納得できるところを選びましょう。

 

医療用ウィッグは医療費控除の対象になるの?

ちなみに 医療用ウィッグは「医療用」という名前ですが、現時点(2017年)では確定申告における医療費控除の対象には入りません。抗がん剤治療に必要な投薬や通院のための交通費はもちろん対象となるのですが、医療用ウィッグはどちらかというと美容目的と見なされるため省かれているようです。

 

ちなみにがん保険などに加入している人は、保険会社によっては癌と診断されれば一時金として保障が受けられるケースもあります。なのでもし医療用ウィッグを使用する可能性がある場合はがん保険も見直しておいたほうがいいかもしれませんね。

地域の助成金などを上手く活用しよう

また、山形県の山形市、酒田市など一部の自治体では医療用ウィッグへの補助金や助成金の制度を設けているところもあるそうです。お住まいの地域のホームページに詳細が記載されてありますので、一度確認してみてください。

 

もしお住まいの自治体で助成金等がない場合でも、医療用ウィッグの販売メーカーが割引やサポートなどを行っているメーカーもあります。

 

できるだけ実費費用を抑えるためにも、調べられる限りのサーチはしながら使える制度があれば使いましょう。

※男性の場合は医療用ウィッグの前に育毛剤の検討も
男性の場合、女性に比べて医療用ウィッグの品揃えが残念ながら少ないのが現実です。しかも抗がん剤治療による抜け毛、薄毛ならば治療が終われば時間はかかりますが自然と回復するケースも少なくありません。

 

少しでも回復を早めたい場合は、市販の育毛剤を使用するとより頭皮環境が良くなり、血行促進効果などもあるため元通りに近づくスピードが早められることもあります。

 

最近の医薬部外品の育毛剤は、副作用もなく髪の成長をサポートしてくれる優秀なものがいくつかあります。筆者のおすすめは最新の新しいものなのですが、例えばリデン(REDEN)という育毛剤はリデンシルという新しい育毛成分が配合されており、毛母細胞の促進を促す効果があるモノです。リデン口コミなども参考になるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ